Plants Blog

保育園と働くママ 保活の苦労を実感しました!

皆さんこんにちは。

今回からFPplantsの女性メンバーとしてブーケフルーリーのブログ記事を大澤さんと一緒に書かせていただきます、ツチダです。宜しくお願いします。
私は1歳の子供がおります、アラフォーママです。
この4月から子供を保育園に入れまして、本格的に社会復帰をいたしました。

nursery保育園と働くママ 保活の苦労を実感

私が住む横浜市は保育園の激戦区です。
世の中待機児童問題が頻繁に取り上げられていますが、なかなか解決の糸口が見えてきませんね。
これまではどこか他人事だった保育園問題ですが、昨年秋ごろから保育園の見学をし始めて、その時になって初めて「こりゃ大変だぁ」と実感しました。

世に言う保活(ホカツ)というやつですね。
保育園の見学では他のお母さまと一緒になることが多く、状況を聞いてみると皆さん本当に苦労してらっしゃいました。
すでに上の子が保育園に入っているという方もたくさんいらっしゃって、多くの方が上の子の時は1次選考落選したのよと教えてくれました。
フルタイムで働いているのに、ですよ。おかしくないですか?

そんなこんなで急に焦りだした私は、とにかくたくさんの保育園を見学し、通える可能性のある場所はすべて希望を出しました。
なんとなく郵送で申し込むより役所に直接申込書を届けてお願いした方が受かるような気がして、しっかりと役所の方の顔をみて提出してきました。

それが良かったかどうかはわかりませんが、(おそらく全く関係ないですね)何とか第7希望の保育園に入ることが出来ました。
でも認可保育園ではありません。
2歳までしか居られない保育園ですので、3歳になったらまた新しいところを探さなくてはなりません。

でもとりあえずは入れてよかったぁ!という感じです。
お陰様でFPplantsで働くことが出来ております。

これまでママと二人きりでお家で遊んでいたわが子も、保育園でたくさんの人と触れ合って、楽しく毎日を過ごしてくれているようです。

育児休暇を取得して会社に所属している人は、比較的保育園に入りやすいです。働いているという現状と実績があるので、優先的に保育園に入れます。
難しいのはこれから仕事を始めたいという方が、保育園に子供を入れて仕事を探すこと。
就職活動では「保育園が決まってから仕事を探してください。」と言われ、
役所には「仕事が決まってから保育園を申し込んでください。」と言われてしまいます。
一体どうしたらいいのでしょうか。

働きたいと思っている世の中のお母さま方が、当たり前に働ける世の中が早く来ると良いなぁと思います。

ブーケフルーリーは頑張っているお母さま方を応援しています!

関連記事