Plants Blog

家賃返済特約付きフラット35

今回もフラット35の商品のお話です。
前回は住む地域によって金利優遇を受けられる場合があることについてお伝えしました。

今回は、ローンの返済が困難になった際に売却をしないで返済を続けられるフラット35の商品についてお伝えします。

flat35_家賃返済特約付きフラット35

フラット35には、「家賃返済特約付きフラット35」という商品があります。
通常、住宅ローンは、ローンの返済が滞ると金融機関が任意売却や競売によって担保物件を売却し売却益からローンの回収を行います。
当然、売却されてしまうので自宅は無くなりますよね。

ところが「家賃返済特約付きフラット35」の場合、ローン契約時に、住宅金融支援機構と覚書を交わし特約を設定することにより、ローンの返済が困難になったとき、債務者は一時的に他の物件(賃貸住宅や実家 等)へ住み替えを行い、住宅借上機関が自宅を借上・転貸し、発生する家賃から残りのローンを返済する仕組みになります。
※住宅借上機関は2017年4月現在、一般社団法人移住・住みかえ支援機構のみとなります。

売却されない点と、家賃からの返済でローンを完済することができた場合に自宅は自分の資産として残る点が、金融機関の住宅ローンと大きく異なる点になります。

これまで、
住宅ローンが返済できない = 自宅は売却されてしまう
というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、フラット35には、住替えによる家賃収入で返済が困難になった際のサポートが受けられる商品もありますので、検討の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

関連記事