Plants Blog

ペアローンのメリットとデメリット

最近は共働きの世帯も増え、住宅ローンを借りる際にペアローンを考えている方も多いかと思います。

今回はご夫婦でペアローンを活用する場合のメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

pair_loanペアローンのメリットとデメリット

<ペアローンのメリット>
①夫・妻それぞれでローンを借りることができ、金利の種類や借入期間を自由に選択することが可能。
例えば、夫のローンは変動金利、妻のローンは固定金利にして、変動金利と固定金利をミックスした借入や、どちらか一方の返済期間を短くして完済を早くするなど、単独で住宅ローンを借りる場合よりも返済計画の選択肢を増やすことができます。

②住宅ローン控除を夫婦で活用できる。
ご夫婦共に年収が高い場合、ペアローンにすることによって、ご夫婦それぞれ上限金額40万円(良質な住宅の場合は50万円)まで住宅ローン控除を活用することが可能になります。

<ペアローンのデメリット>
①ペアローンは、それぞれが独立したローンとし存在するため、団信が適用される際に片方のローンが残ります。
単独で住宅ローンを借りている場合、債務者が死亡や高度障害に該当した場合、団信が適用され住宅ローン残高は無くなりますが、ペアローンの場合、夫が債務者のローン、妻が債務者のローンに分かれておりますので、夫または妻のどちらかが死亡・高度障害に該当した際に、該当した方の住宅ローンには団信が適用されますが、相手方の住宅ローンには団信が適用されないため、ローンの返済はそのまま続きます。

②住宅ローン控除の適用要件に注意
メリットの②で夫婦で住宅ローン控除を活用できるとお伝えしましたが、ペアローンを活用してローン控除を活用するメリットがあるかを確認する必要があります。

住宅ローン控除は、
1)40万円(良質な住宅は50万円)を上限に借入金額の1%が対象
2)納めている税金額(所得税+住民税の一部)に対して減税が適用
となりますので、借入金額や、ご夫婦どちらか一方の納めている税金のみで十分に減税が受けられる場合には、ペアローンにすることがデメリットになる場合もあります。

③ローン事務手数料等の諸経費が多くなる。
ペアローンは住宅ローンが2つに分かれる為、銀行へ支払うローン事務手数料や登記費用(設定する抵当権が増える為)といった事務手数料が多くなります。

ペアローンを検討される際は、メリットとデメリットを踏まえて、自分達にとってはどちらが得なのかを比較された上で活用されることをお勧めいたします。

関連記事