Plants Blog

自賠責保険の保障内容や限度額とは 〜その3〜

今回は、保障内容や限度額の最終回です。

「死亡による損害」

死亡による損害は、葬儀費や、逸失利益、被害者及び遺族の慰謝料が支払われます。
限度額としては、被害者1名につき3、000万円です。

car_accident 自賠責保険

「対象となる損害」

葬儀費・・・通夜、祭壇、火葬、暮石などの費用(墓地、香典返しは除く)
→ 60万円が支払われ、立証資料等によって、これを明らかに超えるなら、100万円までで妥当な額が支払われます。

逸失利益・・・被害者が死亡しなければ将来得たであろう収入から、本人の生活費を控除したもの
→ 収入および終了可能期間、そして被扶養者の有無などを考慮の上算出します。

慰謝料・・・被害者本人の慰謝料は350万円が支払われ、遺族の慰謝料は、遺族慰謝料請求権者(被害者の父母、配偶者および子)の人数により異なります。
→ 請求者1名で550万円、2名で650万円、3名以上で750万円が支払われ、被害者に被扶養者がいるときは、さらに200万円が加算されます。

さて、ここまで自賠責保険の仕組みから保障内容や限度額まで、勉強してきました。自動車保険を検討する上では、あくまでベースとなる保険ですので、最低限は理解しておきましょう。

関連記事