Plants Blog

新井兄弟って何者?【第六話】~心を育てるタグラグビーをやると決めた~

塾でタグラグビーと出会い、ラグビーの代名詞と言える「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」、「GO Forward」、「NO SIDEの精神」など、言葉の奥底にある意味、文化も体で学ぶことが出来ました。

兄も、私と同様にこのタグラグビーの素晴らしさに感動しているようでした。

終わった時に、私は兄にこう呟きました。

私「ね〜この感動を熊谷に伝えられないかな?」
「ラグビーに感謝する形の1つとして、これできないかな?」

兄「そうだね。これスゲーな。Yさん(師匠)に、熊谷でやって貰えるようにお願いしてみよう!」

私「そうだね。来て貰いたいね。お願いしてみる!」

〜即、Yさんの元へ〜

私「この心を育てるタグラグビーを熊谷でやって頂けませんか?」

Yさん「いいね〜(^-^)  やろう!」
「 だけど、えーでーがコーチとなって広げてみて!」

私「・・・。私が!?」  メッチャびっくりした。
             この返しは想像していなかったから。
Yさん「うん。全てのメソッドは伝えると言うか感じ取ってね(^-^)」

Yさん「この塾でえーでーがやりたい事が見えて来ると思うし、挑戦してみたら?」
「全力で応援するから!」
「ここに兄弟らしさが混ざったら尚良いね」

私「はい。やってみます!」
「ありがとうございます。初回だけは来て頂き、色々教えて頂けると嬉しいです。」

Yさん「OK! じゃ。それで!」

正直、このような展開になるとは思ってなく、ビックリしましたが、このタグラグビーを伝える事ができることが嬉しかったです。

そして、塾長であったIさんから
Iさん「えーでーの船出を全力で応援するよ。」
   「これから、いろいろな事が訪れると思けど、どんな時でも続けること!」
   「辞める理由はない。だから続けることを続けてね」

こうして、この「心を育てるタグラグビー」をやることと続けることを決め、2010年2月に「みんなのタグラグビー広場」を発足しました。
現在では、延べ5,000人を超す方に「心を育てるみんなのタグラグビー広場」を体感して頂き、沢山の笑顔が生まれています。

シリーズとなった新井兄弟が伝えるタグラグビーのきっかけは、ENDとなります。
お付き合いくださり、ありがとうございます。

関連記事