Plants Blog

住み替えの際の住宅ローン

今回は住み替えについてお伝えしたいと思います。

住宅は一生に一度の買い物とよく言われますが、低金利や都心部の住宅価格高騰により、住み替えを検討される方も多くなって参りました。
そんな住み替えを検討する際に悩みの種になるのが住宅ローンですね。

今の住まいを売却する際に売却益が発生する場合は、これまで借りていた住宅ローンを完済し、住み替え物件に対して新たに住宅ローンを借りることができるため、スムーズに住み替えを行うことができます。

しかし、売却損が発生する場合、元の住宅ローンを完済しないと、住み替え物件の住宅ローンを借りることができません。
では、売却損が発生した場合、住み替えはできないのでしょうか?

house_move_住み替え

そんなことはないんです!!
売却損が発生する住み替えの際にも借りることのできる住宅ローンを今回は1つ紹介させていただきます。

りそな銀行(りそな住み替えローン)
りそな銀行の商品の特徴は、売却損が発生した際に、新しく購入する住宅の担保評価+2,500万円まで融資を受けることが可能な点です。
2,500万円以内の売却損であれば、新しく購入する物件の住宅ローンに含めて継続返済(既存ローンは借換となります)が可能になりますので、売却損の金額が大きい場合でも住み替えを検討することが可能です。

りそな銀行の他にも、住み替え専用のローン商品や、現在の住まいを売却せず、賃貸にして、その賃料収入も踏まえて新しく購入する物件の住宅ローン審査を行う商品を持つ金融機関もあります。

売却損が発生したからといって住み替えができないわけではなく、ご自身の条件にあった金融機関を選択することで、住み替えを前向きに検討することも可能です。

関連記事