Plants Blog

保証料の内枠と外枠はどちらがお得?

住宅ローンを借りる際に金融機関へ支払う保証料。
保証料を払う際、内枠(住宅ローンの金利を上乗せし、毎月の返済と一緒に支払う方法)と外枠(住宅ローン借入時に一括で支払う方法)を選ぶことができますがどちらがお得なのでしょうか?

loan_comparison_保証料の内枠と外枠

住宅ローンを35年で返済すると考える場合、外枠の方が保証料は安く済みます。
<参考:内枠と外枠の総額差>
三菱東京UFJ銀行の場合
借入金額1,000万円 借入期間30年 元利均等返済 元金据置無しの場合
外枠:191,370円
内枠:借入金利+0.2%  ※三菱東京UFJ銀行HPより抜粋

内枠の場合の30年間の支払総額:303,656円

しかし、昨今の低金利により、繰上返済によって住宅ローンを35年よりも短い期間で返済してしまうケースや、他の銀行へ借換し返済額の負担を軽くするケースも多くなっています。
外枠の場合、35年分の保証料を一括で支払っているので35年以内に完済した場合、保証料の返戻があります。
ただ、返戻額が年数に応じた均等割となっていないため、繰上返済や借換を行う場合には内枠の方が保証料の総額を安く抑えることができます。

そのため、35年間、繰上返済や借換を行うことなく完済する場合には外枠、繰上返済や借換を視野に返済計画を考える場合には内枠、を返済計画に合わせて検討されることをお勧めいたします。

関連記事