Plants Blog

事業承継の構成要素とは何か?

事業承継の構成要素は、
①人(経営)
②資産(株式・事業用資産・資金)
③知的資産です。

shakehand事業承継の構成要素とは

①人の承継とは、後継者への経営権の承継のことです。
特に中小企業においては、経営者の才覚が事業の成否に与える影響が大きく、その育成には5年~10年の時間がかかるため、後継者選定は早めに開始すべきです。

②資産の承継とは、自社株の承継が基本となります。
経営権が後継者に集中するよう、自社株の承継も後継者集中させたいわけですが、すると資産状況により後継者に多額の贈与税・相続税がかかってきます。
また、親族内承継の場合、後継者と他の相続人とのバランスも考える必要があるため、現経営者の個人財産も合わせて、何をどう分割するのか早めに考慮しておく必要があります。

③知的資産とは、B/S上に記載されていない無形の資産であり、企業における競争力の源泉である人材・技術・知的財産(特許・ブランドなど)・組織力・経営理念・顧客ネットワーク等経営資源の総称です。

関連記事