Plants Blog

親子リレーローン

relay親子リレーローン

前回まで、兄弟(または姉妹)で住宅ローンを借りるための注意点についてお話しさせていただきました。

今回は、親子で住宅ローンを借りる際のポイントについてお話させていただきます。

親子リレーローンとは、親と子の年収を合算し、またローンの返済も親から子へ後継される住宅ローンの借り方になります。

よく利用されるケースでは、高齢の両親が自宅のリフォームや建替を考えた際に、年金収入だけでは借りられるローンの金額が少なくなってしまうケースや、年齢の関係でローンの借入可能期間が短くなってしまい、毎月の返済額が高くなってしまうケースがあります。

上記のようなケースの際に、子供や孫を連帯債務者にすることで、収入合算により住宅ローンの借入可能額を増やすことができます。
また、住宅ローンの返済期間も連帯債務者の子供や孫の年齢を基準にして借入することが可能になるため、毎月の返済額負担を軽減することができます。

ここまでを見ると、「ペアローン」と誤解される方も多い方思います。

「ペアローン」は、借入した住宅ローンを夫婦や親子などで同時に返済を行なっていきます。
一方、親子リレーローンは、親・子が交代して順番にローンを返済する形態となるため、ペアローンと少し形態は異なります。

利用する際の注意点は、親子での同居が必要であること、兄弟でローンを借りる時と同様、ローンを完済するまで、子(または孫)が新たなローンを借りることが難しい点になります。
そのため、親子リレーローンを検討される際には、子(または孫)の将来の住宅購入計画なども含めて選択されることをお勧めいたします。

※上記の他にも金融機関によって借入条件は異なりますのでご注意下さい

関連記事