Plants Blog

自動車保険の基礎の基礎

car_accident_自動車保険の基礎の基礎

さて、今回より自動車保険について一緒に勉強していきたいと思います。
そもそも、自動車保険って何?
といった初歩的な事からですが、この保険は、「自動車保険で発生した損害を補償する保険」です。そのままですね。
が、その補償する内容は、どんな場合に、どんな損害に対して、どの程度の補償をするか、細かく決められています。
これには、複数の種類があります。

1、対人賠償保険   「相手の怪我や死亡を賠償」
2、対物賠償保険   「相手の車など物損を賠償」
3、搭乗者賠償保険  「車に乗っていた人の怪我などを補償」
4、人身傷害保険   「過失割合に関係のない補償」
5、自損事故保険   「相手のいない事故の場合の補償」
6、無保険者傷害保険 「相手方の保険が不十分だった時の補償」
7、車両保険     「車の修理費用などの補償」

ざっと、大きく7つの種類でしょうか。
しかしながら、ここでお話ししたのは「任意」と言われる自動車保険です。

「自賠責保険」って聞いたことありませんか?
この保険は「強制保険」といわれています。

自動車を取得した際は、必ず加入が義務つけられています。
むしろ、無保険運転は違法ですからね。

そこで、まずは加入必須の「自賠責保険」とはなんぞや?
それこそ、自動車保険の基本の基本です。
次回、基本の基本、自賠責保険についてお話ししていきたいと思います。

関連記事