Plants Blog

リバースモーゲージとはどんな制度か。注意点は?

リバースモーゲージとはどんな制度か。注意点は?

【リバースモーゲージ】
最近、銀行の窓口でもよく見かけるようになりましたね。
一部の金融機関では昔から取り扱っておりましたが、最近はメガバンクなどでも積極的にポスターなどでCMしているのをよく見かけます。

リバースモーゲージは、金融機関や自治体で取り扱っております。が、老後に自分の持っている土地・建物を担保にローンを組むことができる制度で、返済期間中は利息のみを支払い、借りていた方が亡くなった時に土地・建物を金融機関や自治体が売却してローンを清算する仕組みです。
リフォームや老後生活資金等、色々な資金使途で使えるところがメリットなのですが、注意点があるんです。

それは、対象となる物件エリアが限られている点です。
金融機関のHPなどを見ると、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)・東海(愛知)・近畿(大阪・京都・兵庫)に限定されています。
また、対象と成っている都道府県の中でも、担保評価が下落するエリアは対象外になっていたりもします。

ローンの契約者が他界した後に売却してローンを清算する仕組みなので、担保評価が安定するエリアに限定されております。
また、担保評価の50%までしか融資が受けられないといった制約もあるため、大規模修繕やリフォームを考えられている方など、大きな金額をローンで借りたい方にとっては、借入限度額に注意が必要になります。

リバースモーゲージを活用する際には、融資対象物件のエリア、借入限度額を確認した上で活用できるかを検討しましょう。

関連記事