Plants Blog

死亡退職金の非課税枠(500万円×法定相続人数)活用の注意点

死亡退職金も、死亡保険金同様500万円×法定相続人数の非課税枠があります。

法定相続人の数に関しては、前回で述べたルールと同じです。

何よりのメリットは、死亡保険金の非課税枠と併用できることです。
例えば、3人の法定相続人がいる場合は、500万円×3人×2枠=3000万円の非課税枠となります。
これは、税支払額から考えても大きいです。

注意点としては、非課税枠を活用するためには、支給される金額が被相続人の死亡後3年以内に確定される必要があります。
これには現物支給されたものも含まれます。

また、退職時には生きていたが、退職金の支給前に死亡した場合も、支給金額が被相続人の死亡後3年以内に確定したものなら相続税の課税対象になります。

被相続人の死亡後3年を過ぎて支払われたものは、所得税の課税対象となりますので注意が必要です。

関連記事