Plants Blog

死亡保険金の非課税枠(500万円×法定相続人数)活用の注意点

死亡保険金は500万円×法定相続人まで非課税となりますが、いくつか注意点がありますので、まとめておきたいと思います。

まず、保険料負担者と被保険者は同一人でなければならないということです。
保険料負担者、被保険者、受取人が誰になるかで受取人が納める税金が異なってきます。

次に、法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいてもその放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
法定相続人の中に養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいるときは1人、実子がいないときは2人までです。

そして、死亡保険金の受取人が相続人以外の場合、その保険金には非課税枠の適用はないことも注意すべき点です。

相続対策の際には、以上を注意した保険加入が必要です。

老後

関連記事