Plants Blog

固定金利① 全期間固定

紙幣と家さて、今回からはいよいよ具体的に金利のお話をしていきたいと思います。
まずは固定金利から見ていきましょう。

固定金利には、「全期間固定(フラット35等)」と「期間固定(5年・10年 等)」の2種類があります。

まずは「全期間固定」から。
代表的なのは「フラット35」です。皆さんも聞いたことありますよね?
全期間固定は、借入してから完済までの全期間金利が固定されています。
そのため、返済額がずっと変わらないというメリットがあります。
また、団信の加入も任意(フラット35)なので、持病があって住宅ローンの審査に落ちてしまったという方や、転職をしたばかりで勤続が短い方でも申込が可能です。
※団信・・・団体信用生命保険。住宅ローンを組んだ方が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、その保険金で住宅ローンを返済するための生命保険です。
※勤続が短い(1年未満)場合、収入の見込証明書を勤務先で作成いただくことが必要になります。

ただし、借入時の金利は変動金利や期間固定の住宅ローンと比べると高く設定されているというデメリットがあります。

返済期間中に月々やボーナス時の返済額が変わることに抵抗があるなぁという方には、全期間固定が向いているかもしれません。

次回は、期間固定について詳しくご紹介します。

関連記事