Plants Blog

賃貸併用住宅のメリット・デメリット

前回は賃貸併用住宅に関するローンの組み方についてお話しましたね。
今回は賃貸併用住宅のメリット・デメリットについてお話したいと思います。

賃貸併用住宅のメリットは何と言っても、家賃収入が得られることにより
住宅ローンの返済額と相殺することができることです。
そのため、駅前や人気のエリアで住宅建築をする際に建築予算が上がってしまった場合に賃貸併用住宅を選択することで住宅ローンの返済負担を少なくして建築することができます。

一方デメリットは、空室リスクです。
入居者が入らないと家賃収入が生まれないので、住宅ローン負担が大きくなります。
ですので建築する際は空室リスクも計算しておく必要があります。

そんな空室リスクですが、最近ではハウスメーカーで家賃保証を付けることもでき、家賃保証期間中は空室があっても家賃が得られるというシステムもあります。
ただ、家賃保証は全期間金額が一緒ではなく、建物の築年数の経過と共に家賃保証される金額の見直しがありますので、家賃保証を付ける際も保証家賃が変わる(徐々に減額される)ことを計算に入れておく必要があります。

賃貸併用住宅を建築する際は、家賃収入が入ることだけにフォーカスするのではなく、空室リスクや家賃保証も含め、返済計画に余裕を持って検討することが重要です。

賃貸併用住宅のメリット・デメリット

関連記事