相続に関する書籍作成

その『想い』を、形あるものに。

Long Interview

ずっと胸にしまってきた大切な想いを家族に伝えたい。
しかし、日々の暮らしの中でそのような機会はなかなか訪れません。
面と向かえば、何となく照れもあって、うまく言葉にできない。
そのような時、もしその想いを私たちにお聞かせていただければ
微力であれお役に立てるかもしれません。

血のつながった親子・兄弟でも、それぞれの家族を持たれ、経済的背景が違ってくることにより、被相続人亡き後、お金を巡る争いごとが起こることがあります。
「争族」などと哀しい言葉が語られていますが、関係性が極めて近いだけに、一度争うと
元には戻れなくなってしまうことも決して少ないことではありません。

円満な相続のために遺言という法的制度があります。
しかし、遺言に書けるのは、あくまで財産の行き先だけです。
その背景にどのような想いがあるのかを語る機会はなかなかありません。
円満な相続を実現するためには、法的な意味での相続準備が大切だと言われていますが、
それだけでなく、なぜそうしたのかを含む家族へのメッセージや自分史などを準備することも同じように大切です。

相続plantsに所属する相続のプロフェッショナル作成による「分割・納税資金・節税」対策とここでご紹介するロングインタビューは車の両輪に例えられるかもしれません。
一方は法的な意味での「分割・納税資金・節税」対策。もう一方は想いを継承するための
「ロングインタビュー」。
この二つが車の両輪として揃うことで、相続は向かうべき方向性を失わずに目指す処へ向かうことが出来るのではないでしょうか。

ロングインタビューは円満な相続を目的としたご家族のための自分史です。
相続plantsは、何よりも円満な相続を家族の皆様にお届したいと考えています。
経験豊富なプロのインタビュアーが丁寧に真摯にお話を伺い、そのインタビューを基に執筆、大切な想いを形に致します。大切な想いは何よりも大切にされなければなりません。
その大切な「想い」を伝えるために、ロングインタビューをご検討いただければ幸いです。

ロングインタビュー、完成までの流れ
<相続対策レポートをお付けします>

ご自身の歴史やご家族への想いを語って頂く「自分史(ロングインタビュー)」のほか、
税理士・司法書士・FPなどの専門スタッフが担当する以下の相続対策レポートをお付けいたします。

  • 税理士は、財産目録(保険加入一覧)と相続税試算表
  • 司法書士は、家系図と分割案
  • FP は、将来にわたるキャッシュフロー表
  • 各専門家の共同執筆による相続対策報告書
<ロングインタビューをお勧めします>

  • これから相続を控え、親子・兄弟同士で争ってほしくないあなたに。
  • 親御さんに相続対策としっかり向き合ってほしいあなたに。
  • 自分の感謝の想いを家族に遺していきたいあなたに。
  • 自分の生きた証を世の中に遺していきたいあなたに。
  • 恩師・お世話になった方へのプレゼントとして。
<料金体系>

  1. スポットインタビュー(1日3時間×3 日間) 50 万円
  2. スタンダードインタビュー(1日3時間×5 日間) 90 万円
  3. エクストラインタビュー(1日3時間×10 日間)150万円
    • オプションとして写真やDVD撮影もあります。
    • オプションのみのお申し込みも承ります。
<相続plants >

相続は「分割」・「納税資金」・「節税」と対策が多岐に渡り、それぞれ法務と税務の原則と例外が複雑に絡まり合っている為、各専門領域を超えたと ころで問題が起きないように
バランスの取れた一貫した対策が必要です。
相続plantsは経験豊富な相続の専門家が、お客様の相続問題をそれぞれの専門的
見地からチームの力を結集して総合的な最適解と大きな安心をお届けしています。

相続プランツの指定インタビュアーライター、福澤宏二をご紹介します

彼は幼少時より聴覚系に持病を抱え、20歳の時左耳の聴覚を完全に失いました。
頼りの右耳も、現在、健聴者の方に比較して4割ほどの音しかキャッチできません。
音が聞こえない分、人の言葉を聞きたいという一層の想いを抱いて育ってきたと
彼は言います。
彼の問い掛け。それは人の言葉を聞きたいという深い想いから来るものです。
その問い掛けは、これまでの人生で受けた事のない問いになるかも知れません。
深く静かに耳を傾ける、彼独自のインタビュー世界を楽しんで頂けたらと思っています。
※インタビュー時、補聴器類の使用をお許しください。  

相続plants株式会社 代表取締役:山田健介