FPランクのご説明

ファイナンシャルプランナーの資格はいくつかに分かれております。
弊社FP相談ではご希望のファイナンシャルプランナーを弊社の代表と資格のランク別でご選択いただいております。
それぞれの資格の特徴などを参考にしていただき、ご選択いただければと思います。

代表

Fpplants株式会社並びに相続Plants株式会社の代表取締役社長である山田健介が相談を担当させていただきます。
これまでにも累計3000件を超える相談実績があり、多くの方々から喜びの声を頂戴しております。
豊富な経験と確かな知識から、お客様一人一人にピッタリで最善のご提案をさせていただきます。
価値ある相談で皆様の笑顔を守っていきます。

CFP/1級FP技能士

CFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)とは日本FP協会が認定する民間上級資格です。
世界24カ国・地域で認められた世界水準のサービスを提供できるプロであることを証明する資格です。
CFPと同等レベルに位置付けられている国家資格に1級FP技能士があります。日本FP協会と金融財政事情研究会の2団体が実施しています。
FPの資格取得者全体のなかで、CFP・1級FP技能士の資格を取得している人は併せても7.3%ほどです。(2017年3月現在)
資格取得には知識と経験が必要なので、確かな能力を持っております。
質の高いご相談をご提供いたしますので、安心してご依頼ください。

AFP/2級FP技能士

AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)とは日本FP協会が認定する民間資格です。
2級FP技能検定の合格とAFP認定研修の修了という要件を満たした人が認定されます。
2年ごとに資格更新が必要で、その際に継続教育が義務付けられております。
よって常に一定レベルの知識とスキルを持っており、日々新しい情報にふれ向上しております。
AFPと同等レベルに位置付けられている国家資格に2級FP技能士があります。日本FP協会と金融財政事情研究会の2団体が実施しています。
ご相談は経験豊富な2級以上のファイナンシャルプランナーが対応させていただきます。
ご相談内容ごとにその分野を得意としているFPが担当させていただきますので、安心してご相談ください。